【土屋直武・中屋敷法仁】脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック【グラビア&インタビュー③】

  • -
    コピー

2019年、衝撃の舞台化を果たした「DRAMAtical Murder」が3年半の時を経て、脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック として再演!
主人公・蒼葉あおばに扮するのは本作が舞台初主演となる土屋直武。
演出を務めるのは初演に引き続き、本作をこよなく愛する演出家・中屋敷法仁。

Sparkle webでは、土屋・中屋敷の各ソロインタビューと二人の特別対談、そして稽古場をお借りして敢行した貴重な撮り下ろしグラビアを、計3本立てで一挙掲載!

interview

土屋さんは今、蒼葉という役をどう捉え、向き合っていらっしゃいますか?

土屋:ゲームにアニメ、キャラクターブックに初演映像と参考資料はたくさんあったんですけど、人物像については原作の方を観て固めていきました。もっともっと突き詰められるところはあると思うんですけど、それこそ初演で蒼葉を演じられた永田(聖一朗)さんの持っているものと僕の持っているものがいい意味で違うと思うので、そこで僕なりの蒼葉を引き出せたらなと思って稽古に臨んでいます。

日々稽古に励む土屋さんを見て、中屋敷さんが感じていることは?

中屋敷:このゲームを初めてプレイするプレイヤーを、全クリしたプレイヤーが見るみたいな感じで(笑)。ゲームをやり尽くした立場として、初心者プレイヤーである土屋くんを優しい気持ちで見ています。「あぁ〜そこ引っかかるよね」とか、「そこ大変なんだよね」とかね。

土屋:ははは、ありがとうございます。

中屋敷:だから、逆に言うと土屋くんの“蒼葉への興味”とか“作品への驚き”みたいなものをそのままお客様に向けて同化できると、とてもいいなぁと思っています。蒼葉というキャラクターを伝えるというよりは、蒼葉を通してドラマダ(「DRAMAtical Murder」の略)の世界に触れていただくような……。

土屋:なるほど。

中屋敷:僕はもう、初めてドラマダを観た時の衝撃を忘れてしまっているので……(笑)。改めて土屋くんの瑞々みずみずしさで「ドラマダってこういうところがスペシャルだよな」とか、「こういうところに意外性があるよね」とか、そういうところを教えてもらえる時間にもなっています。

原点回帰できる部分もあるんですね。

中屋敷:そうですね! 「やっぱりこの設定は特殊だよね」とか(笑)。だから改めて、初演の映像を観るのはもちろん、もう一度アニメを観返したり、ゲームをやり直したりすることができたのは、土屋くんを迎えることになったからこそ。そこで考え直したところもたくさんありますね。

仕掛けの多い作品ですが、演じ手から見る中屋敷さん演出の面白さは?

土屋:すごく面白いです。例えば、キスシーンって角度によっては見えないから本当にしなくてもいいわけですけど、この舞台では毎公演、実際にしているんですよね。やっぱり本当にキスするのとしないのとでは役者の気持ちも変わると思いますし、実際にしている姿を可視化したことでファンの方も萌える部分があると思うので。そこまで徹底して原作に近いことをされている演出家さんなので、とても面白いなと感じました。

キスシーンのお話も出ましたが、土屋さんはキスシーンに挑まれるのは初ですよね?

土屋:初ですね(笑)。

中屋敷:キスシーンってもう稽古でしました?(※取材時は稽古中盤)

土屋:まだしてないです。

中屋敷:いつからします? どうします? 

土屋:どうしましょう(笑)。確かにそうですね……。

中屋敷:ふふ。確か初演の時は「いつしようか?」って話してた時に、クリア 役の山縣(悠己)くんが急にし始めたという思い出がありますね。で、みんなから「勝手にするなよ!」ってツッコまれていた記憶(笑)。

土屋:じゃあもしかしたら明日かもしれない……?(笑)

中屋敷:クリア役って自分からキスするキャラクターだからさ。とはいえ、それはちゃんと言っておいた方がいいよ(笑)。確認した方がいいね、「どうします?」って。

土屋:そうですね(笑)。

中屋敷:ただ、“キスシーンがある”というよりは、“人と人が繋がっていく”ということになると思うんです。近未来的な電脳空間を表現した「ライム」(原作ゲーム内に登場する電脳ゲーム)のシーンなどもあるので、こういう時にすごくアナログなもの……例えばダンスシーンもそうですし、舞台上を駆け回ったりするのもそう、キスシーンや人をリフトしたりすることなど、そういう“身体と身体のセッション”やコンタクトがちゃんとあるといいなと思っています。
今日はちょうど1回通し(稽古)が終わったから、明日くらいから「本番に向けてどうしていこうか」って話になると思うので、動きの部分もしっかり詰めていきたいですね。

通し稽古はいかがでしたか?

土屋:緊張でいっぱいでした。いつもは稽古が全部終わった後は頭がパンパンになる感覚があって「すごく頭を使ったんだな」って感じることが多かったんですけど、今日は通し稽古中からすでに頭がパンパンで(笑)。

中屋敷:はははっ。そうだよね。

土屋:でもなんとかやり遂げられたかなと。ここから先は突き詰めていくのみですね。

中屋敷:今日、楽しい瞬間とかありました?

土屋:ありました! ちゃんと通した分、ストーリーがすごく見えてきました。「あ、ここをもうちょっとこういう風にやっていれば、このシーンはもっと……」とか思う部分を見つけることができました。結構どのルートも伏線が張り巡らされているので、それぞれの伏線回収でワッと盛り上げられたらなと思いました。

中屋敷:今日の通しは他のキャストも楽しかったと言っていて。みんな直武くんが蒼葉の衣裳を着たところを初めてしっかり見たので。みんな「蒼葉だ!」ってなってたと思う。

土屋:ありがとうございます。

つちや・なおたけ
1999年12月22日生まれ、千葉県出身。2021年、ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン(伊武深司 役)でデビュー。最近の主な出演作に、舞台『アオアシ』(黒田勘平 役)、『Paradox Live on Stage vol.2』(矢戸乃上 珂波汰 役)など。ダンス&ボーカルグループ「AVEST」のメンバーとしても活動中。Twitter

ルートごとの違いや、意識的に演出を変えている部分などがあれば教えてください。

中屋敷:前回は5ルートあって、なんとなく“それぞれの良さを引き出そう”みたいなこともあったんですけど、今回は荒々しく作っている部分があるかもしれません。というのも、“どのルートが面白いか”の戦いみたいになっている気がして(笑)。ルートごとのキャラクターを演じるキャストの多くが2回目の挑戦ということもあり、キャラクターの作り方や厚みが全然違うんですよね。初演とはモチベーションも余裕も違いますから、それぞれ自分が試せることをやっている感じがして。
だからこそ、土屋くん演じる蒼葉くんもこのメンバーとセッションするだけで、どんどんいろんなものが暴かれていく気がするんです。だからルートそれぞれで変えていこうというよりは、それぞれの俳優さんが持ち込んだものを活かして作ってくれるといいなと思っています。

ご一緒するキャストの皆さんに対して土屋さんはどう感じていますか?

中屋敷:ほぼ二人芝居だもんね、がっつり(笑)。

土屋:はい。もちろん皆さんの余裕や、キャラへのしっかりとした解像度を感じる部分もたくさんあるんですけど、今回初めて追加になったウイルス&トリップルートの二人も「前にやったことがあるのかな?」っていうくらいしっかりとできあがっていて。

中屋敷:そうだね。

土屋:僕をもう……ぐちゃぐちゃに(笑)。

中屋敷:ははは! 本当にね。

土屋:「あれ? 1回やったことがあるのかな?」って思いながら稽古していました。ト書きに多少は動きの指示も書いてあるんですけど、書いていない部分でもしっかりと……。例えば僕の頭をつかんだりとかも、キャラクターの動きとして自分からしてくださったりとか。すごいですね。

中屋敷:みんな役者としてはとてもウェルカムなところがありつつ、キャラクターとしては情け容赦なく蒼葉にぶつかってくるので。……ほんと容赦ないよねぇ、みんな(笑)。

中屋敷さんから見て、この化学反応は面白い!という発見も?

中屋敷:各キャラクターと蒼葉の絡みを見ていく中で、改めて”みんなにとっての蒼葉”みたいなものが見えてきました。蒼葉への扱いが全然違うのですごく面白いんですよ。
前回は蒼葉が主人公で、蒼葉が誰に会うかっていう描き方だったんですけど、今回はルートが分岐した時の、ルートごとの蒼葉の相手役がさらに主体性を持って物語を動かしているような印象があるんです。そういう意味で、すごくキャラクターの見え方が変わってきたなと。蒼葉の姿を通してお客様自身も各ルートのメインキャラクターのバックボーンを味わえる気がしています。
だからかな、前回よりみんな情け容赦ないなぁと(笑)。みんなの個性を真正面からぶつけてきているような気がしますね。

メインキャストの多くが2回目の出演で、土屋さんが1回目という状況がそれを生んでいるかもしれないですね。

中屋敷:みんな強くてニューゲーム(※クリア後のステータスでゲームを最初からプレイすること)で始めてるからね(笑)。でも悪島 役の牧田(哲也)くんとかも初参加なのに、全然容赦ないもんね?(笑)

土屋:そうですね(笑)。

中屋敷:僕は今回いろんな意味で岩城(直弥)くん演じるミズキがすごいなぁと感じています。ルートがあるわけじゃないけど、当然蒼葉にとって大切な人だということには変わりないので。すごく厚みを持って作品に挑んでもらっていると思います。
改めて、どの役にも責任感が必要とされる作品だなと思います。当然ながら無責任ではとてもいられないような、大きな緊張感が漂っているなと感じます。

なかやしき・のりひと
1985年4月4日生まれ、青森県出身。劇団「柿喰う客」代表。最近の主な演出作品に、柿喰う客 新作本公演『禁猟区』(作・演出)、舞台『ダブル』など。2023年6月6日より舞台『夜曲~ノクターン~』、6月9日より舞台『文豪ストレイドッグス 共喰い』(脚本・演出)の上演を控える。Twitter

改めて、土屋さんはBLゲーム原作の作品を舞台で演じるに当たりどういう思いで臨みましたか?

中屋敷:そういえば「恋愛のお芝居をしたことありますか?」って最初に質問しましたよね?

土屋:そうでした!

中屋敷:BLというのはカテゴリとしては“恋愛モノ”なので、「そもそもお芝居の中でラブコメとか恋愛モノをやったことはありますか?」って、最初にお会いした時に聞いて。で、やったこと無かったんですよね?

土屋:そうなんですよ。初めてで。

中屋敷:だからあえて“BL”とは思わず、“恋愛モノ”だと思ってもらえたらいいのかなと僕は思っていました。よくある恋愛モノではないかもしれないけど、純粋な心で挑んでほしいということは言った気がします。「BLとは!」みたいな感じでは言ってない気がしますけど、でもやる方は大変ですよね(笑)。

土屋:へへへ。

中屋敷:どんな感じでやっていますか?

土屋:この作品に触れる前まで、「BL」というのはお互いが男性を好きで恋愛に発展していくものだと思っていたんです。でもこの作品に触れてから、男女は関係ないんだということに気が付きました。好きな人がたまたま男だったとか、その人が好きだから別に性別が女性でも男性でも関係ないよねっていう恋愛の形を知れました。今までよりは恋愛に対する価値観や解像度みたいなものを深めることができたのではないかと思いました。
もちろんすでに世に広まっている作品だとは思いますが、今回の「ドマステ」を通してまた少しでも作品が世に広まって、僕が「いいなぁ」って思った物語を観てくださる方々に共有できるのがすごく嬉しいです。

土屋さんは恋愛シミュレーションゲームに触れるのも初めてでしたか?

土屋:僕にはお兄ちゃんがいるんですけど、小さい頃からずっと部屋が一緒で、ゲームとかもずっと二人でやっていました。僕が初めてお芝居をしたミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学せいがくvs不動峰 の原作に触れたきっかけも僕のお兄ちゃんだったんですけど。ある時お兄ちゃんが『テニスの王子様』を好きになって、関連作品を片っ端から観ていたんです。もちろん普通に試合をするゲームもあったんですけど、その中に……。

もしかして、「ドキサバ」ですか……?(「テニスの王子様 ドキドキサバイバル」という恋愛アドベンチャーゲーム)

土屋:そうです!!

中屋敷:うわぁ〜!! 懐かしい〜!!

土屋:子供だったのでそれが恋愛ゲームだとは分かっていませんでしたが、普通にゲーム自体が大好きだったんです。ただひたすらお兄ちゃんがやっているゲームを一緒にやるっていう感覚だったので、後から気付いたら恋愛シミュレーションゲームだった感じなんですけど……(笑)。

中屋敷:懐かしいなぁ……。僕も姉が「アンジェリーク」をやっていて、姉がどんどん男の人を攻略する姿を横でずーっと見ていたのですごく分かります。

土屋:そうだったんですね(笑)。

今回「フラッシュバック」というタイトルが付いているということで、このタイトルに込められた意味もふまえて、改めて本作の観どころを教えてください。

中屋敷:お芝居というのは、映像や写真には残ったとしても同じライブは二度と味わえないんですよね。でも、その時観た衝撃や感動は劇場を出た後も記憶に残り続けると思うんです。それは配信やパンフレットで観返すよりもずっと強く残るものなんじゃないかなと。「DRAMAtical Murder」の舞台版ではそういった衝撃を残す作品を目指していきたいと思っていました。だからこそ「脳内クラッシュ」というタイトルもつけたんですけど(笑)。脳内をクラッシュしつつ、しっかりと皆さんの心に残る作品になるように作っています。
きっと蒼葉が皆さんの頭の中に入ってくると思うので、存分に脳内クラッシュしていただいて(笑)、あまり考えずにまたニューゲームをやるつもりでお客様にも来てほしいなと思います。そういう意味で、原作ファンの方も舞台版で初めて作品に触れる方もフラットな気持ちで来ていただけたらと思います。

土屋さんも、楽しみにされているお客様へメッセージを。

土屋:僕も小さい頃からずっとゲームをやっていたので分かるんですけど、ゲームの内容とかって多分大人になっても忘れないと思うんです。それこそ今みたいに、話題に上がった時に「あぁそれだ!」ってすぐに思い出せたみたいに(笑)、何年前のことでも内容が頭に残っていたりするじゃないですか。だから中屋敷さんも今おっしゃったように、「フラッシュバック」というサブタイトルの通り本当にゲームをプレイする感覚で観ていただけたらいいなと僕も思っています。そうして記憶に残る衝撃を原作ゲームが持っていると思いますし、そしてそれを舞台化して、より観やすい形で僕らがお届けするのでぜひ観に来ていただきたいです。
新しいゲームソフトを買う時とかって、めちゃくちゃワクワクするじゃないですか。そんな感覚で劇場に来ていただけたら嬉しいですし、きっと皆さんに楽しんでいただける作品になっていますので、ぜひ観に来てください。

information

脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」フラッシュバック

【日程】2023年4月28日(金)~5月7日(日)
【会場】東京・品川プリンスホテル ステラボール

【原作】ニトロキラル
【演出】中屋敷法仁
【脚本】内田裕基

【出演】
蒼葉 役:土屋直武/

紅雀 役:小波津亜廉
ノイズ 役:富園力也
ミンク 役:八巻貴紀
クリア 役:山縣悠己/

ウイルス 役:富永勇也
トリップ 役:磯野 大
ミズキ 役:岩城直弥
悪島 役:牧田哲也/

蓮/セイ 役:山﨑晶吾

大石 樹、岡村 樹、神田初音ファレル、山中啓伍

【チケット】
チケットぴあ

【配信】
5月4日(木・祝)18:00公演(ミンク)
5月5日(金・祝)13:00公演(クリア)
5月6日(土)13:00公演(ウイルス&トリップ)
5月6日(土)18:00公演(紅雀)
5月7日(日)13:00公演(ノイズ)
5月7日(日)18:00公演(蓮)

詳細:DMM TV

www.nelke.co.jp/stage/dmmd_stage2023
Twitter

gallery

present

土屋直武さんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント

応募方法:
Sparkle公式Twitterをフォロー
対象ツイートをリツイート

※応募締切:2023年5月13日(土)23:59まで

※当選された方にのみ、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)にて、Sparkle公式アカウント(@Sparkle_stage)よりご連絡いたします。当選者の発表はDMをもって代えさせていただきます。
※プレゼント発送に必要な情報はDM上のみでお伺いします。応募フォームへの誘導と称してURLをクリックさせるようなことはございません。
※頂いた個人情報は、プレゼント発送以外の目的では使用いたしません。

check

蒼葉 役:永田聖一朗、蓮/セイ 役:山﨑晶吾 掲載
『Sparkle vol.52』発売中

※永田聖一朗さんは体調不良のため、やむを得ず降板することとなりました

Amazon商品ページ

内容:W表紙+本文15ページ(対談インタビュー+コラム&撮り下ろしグラビア)
+巻末綴じ込み付録:永田聖一朗・山﨑晶吾ツヤツヤ厚紙ソロピンナップ

メディアボーイ
¥1,800 (2024/04/13 18:11時点 | Amazon調べ)

credit

テキスト:田中莉奈
写真:田代大樹
ヘアメイク:小竹珠代

©2012 NITRO ORIGIN
©脳内クラッシュ演劇「DRAMAtical Murder」製作委員会

  • -
    コピー

この記事を書いた人

sparkle-stage